アル中の僕が全力で依存症治療を楽しむプロジェクト

アルコール専門外来でのクレイジーな出来事・僕の断酒の工夫・先人の知恵などをまとめていきます。断酒・節酒の参考にお読みくださるようにネタを提供します。

お酒は水分補給になりません

こんにちは。

7月に入り、

関西は、梅雨&猛暑

南九州は豪雨と

気候が目まぐるしく変動していますね。

 

本日も、無事通院が終わり

医師からは、

熱中症が危険な季節になるから、水分補給はコマメにしてね。」

と、脱水・熱中症について注意を受けました。

本日はそんな身体にとって必須な「お水のお話」です。

 

Table of Contents

 

去年の夏の水分補給事情

アルコール依存症の私は、

お酒を水分と勘違いしており、

真夏の昼間から酒を煽る毎日でした。

f:id:Tsuyoahi_alcoholic:20190516164522j:plain

真夏の河川で昼間から9%

涼しい河川の木陰で、

9%を楽しみ、夕方にかけてぐったりとする。

生活をしていました。

 

去年は、こんな記事で大笑いして、

お酒を飲んでいたものです。

 

(何度か脱水で、昇天しかけました。

それはそれは、死ぬほどの喉ごしでした。)

 

注意事項

アルコールで完全にいかれた頭でしたが、

夏場のアルコール摂取は大変危険です。

特にビール1リットルに対して、

水分(酒・カフェイン等利尿作用の無い)補給が必要です。

 

おわかりかとは思いますが、

運動・野外作業・サウナなどの

脱水後にアルコール濃度の低いお酒類を口にすると、

倒れるばかりではなく、

救急搬送されることになるので、

自分だけは大丈夫だとは思わず、

水を先に体内に補給しましょう。

 

体内バランス

よく言われる話ですが、

身体の60%は水分(H2O)で出来ているようです。

正常に血液を循環させるためには、

その他に、ナトリウム・マグネシウムカリウム

俗にミネラルと言われる電解質が必要のようです。

 

体内から、電解質が欠乏すると、

低Mg、低k血症と言われる症状に陥り、

めまい・むかつき・痙攣などの症状に陥るそうです。

最悪、死亡に至る症状であり、

水と電解質のバランスは生命の起源であると共に、

生命の維持に必要不可欠なほど重要なことです。

 

最近ネタ切れで更新のない黒酢についても、

ミネラルが豊富らしいですよ。

更新できていませんで、非常に申し訳ありません。

 

まとめ

普段、市販の炭酸水で大部分の水分補給を済ませていますが、

この脱水しやすい高温多湿の時期ですから、

意識的に水自体もバランスの良い水を選択したいと思いました。

また、運動後や特に暑い日に関しては、スポーツドリンクを、

少しでも気怠さを感じたら経口補水液を飲むように心がけましょう。

 

お水

お水に関しては、硬水のミネラルウォーターが販売されていますね。

マグネシウムカリウム、カルシウムの含有量が多いみたいですが、

口に合わなかったり、お高かったりするので、

考えものですね。

 

スポーツドリンク

スポーツドリンクに関しては、

糖類がたくさん入っているので、

状況に合わせて補給と言ったところでしょうか。

 

経口補水液

経口補水液に関しては、

私自身は飲んだことがありません。

どなたか試されたことがある方は感想をお聞かせください。

 

お水の選択と補給が大切だと言うお話でした。

水分補給と共に、カリウムマグネシウムなどの塩分バランスを整えて(選択)、

コマメな水分補給で、

夏の暑さを乗り越えていきましょう。

 

 ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

実家に帰って、仕事探しをする事について本気で考えてみた

こんにちは。

 

タイトルのとおりですが、実家に帰って職を探すことについて考えています。

そもそも、今の住居(関西)とは縁もゆかりもなく、

職業について、特にこだわりがあるわけでもない。

 

なのに、なぜこんなにも

がんじがらめになっているのか?

冷静に考えてみよう。

 

Table of Contents

 

 転勤族

実家と言う概念は私には薄く、親族が少々集まっている程度の存在です。

私の父親は、会社員をしており、全国を転々として幼少期を過ごしました。

名古屋の高校を卒業した後、

東北地方の大学に通い、大学院を終了しました。

その後、関西地方で会社員として働き出したのですが、

過酷な労働環境に耐えることが出来ず、

母方の実家である九州地方の大学で、

学位を取るために大学に入り直しました。

 

全国、色々なところで生活をしました。

地元がどこであるとか、出身がどこであるとかと言った

概念がなく、しかし、何故関西地方で会社員をしているのか?

わからなくなっています。

 

転職

転職については

本職が「ジョブホッパー」なのではないか?

というくらいに繰り返しています。

自分の専門はなにか?

資本主義社会で需要の見いだせない

「自然科学」

をバックグラウンドにしているので、

「〇〇のエンジニア」、であるとか言うことが出来ません。

エンジニアではありませんリサーチャーです

と言ったところで、言葉の意味を理解してくれる人間が

現職で周りに数えるほど居るかどうか?

甚だ虚しいことです。

僕はエンジニアにはなれません。

 

その違いをgoogle検索して、

〇〇のエンジニアとして

誇りを持てる人材になりたい。

転職を考えている理由としては、

そんな、すれ違いの積み重ねが、

時間と共に浮き出ていることでしょう。

 

エンジニア?リサーチャー?どっちにもなりたくない。

「技術者が」とか「研究者が」とかそこは不毛な議論になるだろう。

そもそも、先日ブログで記事にした事が生きづらさの根底にあるように思う。

  

tsuyoahi.hatenablog.com  

結局の所、これは

  1. 言葉の定義
  2. 集団が持つ意味合い
  3. 個々人が持つイメージ

の3つが正しく使い分けされていない事で

混乱が生じているのではないか?

と、思うに至るわけです。

 

tsuyoahi.hatenablog.com

 度々、アンガーマネジメントの話が出ているので、

リンクは省略しますが、

物理的・心理的な領域への侵犯。

が、軋轢を生んでいるというわけです。

 

帰郷

変える郷というものは冒頭で申し上げたとおり、

ありませんが、親族が暮らす里というものはあります。

一度、今までのキャリアを破棄し、

物理的・心理的な領域を侵されることなく

安心した生活を目指すことを新たなチャレンジとして考える。

 

まとめ

酒を辞めたんだだから、

エンジニアだって、

リサーチャーだって辞めて、

新しい人生を考えよう。

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

アンガーマネジメント|実践

 

こんにちは。

 

タイルからして碌でもない事がお分かりかと思いますが、

怒りのはけ口について本日は更新していこうかと思います。

 

Table of Contents

 

アンガーマネジメント

先日、怒りと理不尽について考える機会があり、

記事にまとめました。

 

tsuyoahi.hatenablog.com

 怒りは原始的な感情であり、

縄張りを荒らされたり生存を脅かされたりした際に、

発現すると言うふうに紹介しました。

 

本日、まさに生存を脅かされる出来事があたのですが、

なんとか怒りを相手に向けず、

スリップせずに帰宅することが出来ました。

 

怒りの発生源

誰だって怒りたくなることの1つや2つあるものです。

今回の怒りの発生源は、少々長くなりますが以下のようになります。

 

生存を脅かされた件

皆さんそろそろお忘れになっていることかと思いますが、

 

ゴールデンウィーク前の事になります。

 

私はこの頃に休職を開始し、

傷病手当という、

収入が一時的に絶たれた際の一時金の申請を行いました。

そう。生活費の申請です。

 

5月の末に、申請状況を保険屋さんに尋ねると、

会社から手続きの書類が送付されていない。

審査には1ヶ月を見てほしい

と、回答を得ました。

 

会社の事務員さんに電話をすると、

本社に催促をしてくださるというお返事をいただきました。

 

「7月のはじめか、末になるのだろう?

生活は苦しいが、医師からは

『水と米があれば2周間は生存できる。

最悪は、緊急入院という措置も可能である。

ヤケになる必要はない』と、言われている。

1ヶ月耐えればなんとかなる。」

と、当時は飢えて吐いたものの、冷静でした。

 

生存への戦略を蹂躙された件

本日、

傷病手当の延長

について保険屋さんに問い合わせました。

回答は、

会社から手続きの書類が送付されていない。

審査には1ヶ月を見てほしい

 

全く同じ回答がそこにはこだましました。

新規申請すらされていませんか・・・?

 

5月から2ヶ月間、事務(本社)は放置ですか?

一時金を断って餓死を選べというのですか?

 

気を取り直して早速会社に電話をしました。

神戸の事務員さんは

「もう一度、発破をかけますか?」

「もう一度、書類を書いてくれませんか?」

などと、僕の(彼の)手の届かないところで、

理不尽に苛まれました。

 

保険屋さんや事務員(神戸)さんに怒りの矛先を向けても、

何にもならない。

アルコールを入れても進展しない。

 

アンガーマネジメント|実践

同じ土俵に立たないこと。

「怒りを刺激し合うことで、諍いが発生する。」

と以前記事にしました。

 

アルコールを飲んでしまうと、

”もらった書類に判子を押して、

保険屋に発送する事が2ヶ月かかっても出来ない”

事務と争いになるだろう。

と、とりあえず冷静になることにしました。

 

冷静に、事務員(神戸)さんと話し合いました。

担当者を変えてもらう。

簡単なことですが、怒り散らすよりはまともな解決策が出てきました。

 

結論

別に、アルコールを飲もうが飲むまいが、

怒りちらしたりするタイプではない私ですが、

こんな時に、私は酒に当たっていたと思います。

 

「なんで私だけが子供の使いすら出来ない事務(本社)に翻弄されるのか?」†

なんてしょうもない事を考えて、当たっていたでしょう。

更に冷静になて考えると、

そもそも、事務(本社)の事を私は知らないし、

なんで、こんな簡単なことが出来ないんだ??

なんて、考える必要もなければ、背景も知らないんだ。

 

アルコールを抜いて2ヶ月になりますが、

心を広く持てば、で示したような考えも無くなってくれることを信じています。

 

内省しております。

子供の使いじゃないんだから、

担当の変更くらい要請しろ!」と。

 

自分の中でブーメランが返ってきました。

 

自分の考え、言動は大切にしたいと思う1日です。

 

お読みいただき、ありがとうございます。 

 

P.S.

文末になりましたが、

皆様のおかげで読者数100名を迎えさせていただくことが出来ました。

日々の応援ありがとうございます。

皆様の「スター」、「ブックマーク」、「シェア」も大変励みになっています。

これからも応援をよろしくおねがいします。

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

一年を折り返して、今年は全く仕事をしていないことに気がつく。

今週のお題「2019年上半期」

 

こんにちは。

ついに7月に入ってしまいました。

去年の最後に仕事を干されて、

3ヶ月間という社内ニート(待機)を命じられて、

お酒に逃げ込んでずいぶん長い時間が経過しました。

 

思い返してみると、短いようで長い時間でした。

人間関係でトラブルを起こし、

職場が恐慌状態に発展してしまい

その責任を一身に受けて職場を離脱したのが

半年前。

 

そして放置され、自学自習せよとの

目標も目的もない3ヶ月という時間を過ごしました。

 

f:id:Tsuyoahi_alcoholic:20190701173320j:plain

会社員の主要なお仕事

酒に逃げるようにしてエスケープしたわけですが、

ついに半年が経過してしまいました。

 

職業は、研究開発のお仕事をしているつもりですが、

オリジナルのことを考えると、創造は無価値であると言わんばかりの、

批判・拒絶があり、トラブルが起こってしまう。

 

同業である、同じ会社の同じチームにですら、

考えが通じない。

意思疎通が出来ない。

こちらの歩み寄りは可能な限りしても、

無駄な努力だった。

 

今の職場では創造には生産性がない。

求められているのは、

くだらないクソ仕事。

(ToDoリストの作成・チェックリストの作成・抜け漏れのチェック)

クソ仕事によって、

作業効率とクオリティを高めるそうだ。

 

創造的な仕事に作業効率とクオリティなどの

目的や目標を求める事自体、

くだらない話だと思う。

 

クオリティに関して、

どこの組織にも品質管理委員会とか言う

馬鹿げた部隊がいると思う。

 

 品質の議論の主題が、

「いかに作業の抜け漏れを防ぎ、ミスを少なくすること」

に力を注いでいる。

本当に品質の問題を解決したいなら、

「その作業、必要ですか??」

を問うてほしい。

 

しかし、そのような発言をすれば、

異端として排斥され、今日の私のような状況に陥る。

無駄な作業が氾濫し、

チェックがしきれずリストが機能しない。

 

そしてミスの追求と言うヒューマンエラーに対して最も効果の薄い、

なぜなぜ分析と言う無駄な作業の後に、

チェックリストの項目が追加される。

 

品質管理委員会の人間の言う、

働き方改革というやつだ。

彼らのレポートが何もせずに1つ増えるわけだ。

 

さて、クソ仕事として私の仕事を一部紹介しましたが、

7月となり今年が折り返しを迎えました。

 

時間もあるということで、

本業以外で自活するという選択肢を模索している最中です。

 

先週から、某フリーランスの応募サイトを眺めていました。

主にライター・エディター系の仕事を見ていましたが、

文字単価が、極端に低く

(サイトの募集欄には時間とコストが70%削減できます。と記載あり。)

アルバイト以下の報酬で労働力を搾取しようと言った、

現状以上のクソ仕事に驚愕しました。

 

仕事内容と言えば、

風俗ライター・出会い系ライター・投資初心者ライター etc.

安かろう悪かろうを売る方も売る方だが、

買う方も買うほうだ。

しかも、途中で抜くやつがいて

広告でCMで報道特集で煽っている。

 

この国は、若者に対して不安に煽り、

救済措置だと言わんばかりに搾取する。

狂っているし、潰し合っている。

高付加価値と言って、安かろう悪かろうに

貧困へと導いている。

 

雨の日は碌な事を考えない。

今日は、半年を振り返って仕事感について考えてみました。

あまり、断酒には関係のない話になってしまいましたが、

生きづらさについて、思うところを書き綴りました。

 

引き続き、断酒とその経過について

ボチボチ更新していこうかと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。 

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

芝浜

こんにちは。

 

 

日曜日の朝から大雨で、

外に行けないから家にいないといけない。

 

そうなってくると選択肢が、

「酒を飲みながら、本を読むか動画を見るか?」

って限られたアルコール漬けの毎日を送り、

酒漬けの中でも

夢うつつの中で

面白い動画があったことを

思い出したので素面で鑑賞することにしました。

 

(タイトルから記事の中身が

おおよそわかってしまうので、

タイトルで内容がわかってしまった人は

とりあえず動画の方をご覧ください。)

 

 

f:id:Tsuyoahi_alcoholic:20190630143411j:plain

立川談志の芝浜

 

古典落語の演目の一つですが、

現在でも新鮮味のある人情噺です。

 

談志さんの噺、所作がリアルで、

中盤の酒浸りの動きですが、

魚屋の勝さんが実在する人物のような動きをしています。

 

混乱状態の勝さんと、素面に戻った勝さんの

動き、言動、考え、

その変化が1つの噺の中に、

見事に表現されています。

 

www.youtube.com

 

ネタバラシもクソも古典落語なので、

あらすじから落ちまでWikiに書いてあるので、

噺を動画で見て頂きたいのですが、

 

酒浸りの人間が変わるっていうのに、

複雑に考えてはいけない。

今のご時世、考えすぎると、

「じゃあ飲むか」ってなってしまいますから。

 

変化と心情の動きに注意して噺を見てみると、

 

昔から今まで酒の悩みと問題っていうのは

”客観的に見て語られている”

と言うのに気が付かされます。

 

最後の葛藤の中で、

飲まないって選択を勝さんしたのに

妙に心に刺さりました。

 

素面でこの噺を見たのは初めてですが、

このまま断酒を継続していきたいと思います。

「夢になるといけねえ」

ので。

 

引き続き、断酒とその経過について

ボチボチ更新していこうかと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。 

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

断酒2ヶ月経過の、慢性の離脱に潰れないために

こんにちは。

断酒が2ヶ月を経過しました。

 

先日、焼酎を捨てて、

気分が晴れたと言ったのも束の間、

 

tsuyoahi.hatenablog.com

その日のうちに、

なんだかとてつもない正体不明の不安感がやって参りました。

 

外に出るのは雨のせいもあって、

傘を差せば良いだけにもかかわらず億劫で、

空腹感はあるものの、食欲はない。

 

次第に不安が増していき、

時間が経過する度に、不安に押しつぶされそうになり、

パニックになりそうでした。

 

そんな中、

www.infernalbunny.com

気分が落ち込んだときのチェックリストとして、

「一般論に殺されない方法」と言う記事が大変参考になりました。

とりあえず死なないために、

 

無理矢理にでも何か糖分を補給するために、

辺りを見回しました。

自宅に調理せずに補給できそうなものが、

かろうじてですが、

 

バナナ一本。

 

このバナナ一本ですが、だいぶ助かりました。

何かを胃の中に入れるだけで、

かなり落ち着きを取り戻すことが出来ました。

(アルコールは廃棄していたものの、

あれだけ嫌がっていた雨の中を、

不安感を消すためならコンビニに向かうことは可能なのは、

依存症の為せる技でしょう)

 

少しだけ、エネルギーを補給することが出来たので、

続いて、炭酸水をハチミツで割り、

糖分の補給をする事に成功しました。

 

ギリギリ精神力をつないだ感じです。

このまま、不安定な状態が続くと、

再飲酒する危険を感じ、

安定剤と睡眠導入剤を服用し、

とにかく考え込まないようにして眠ることにしました。

 

翌朝、睡眠を12時間ほど取ったことに驚きました。

朝食をとることが出来ませんでしたが、

なんとか通院は可能でした。

診断の際に、慢性の離脱症状が襲ってきていると言われ、

話には聴いていたのですが、恐ろしさを感じました。

 

医師曰く、

慢性の離脱を乗り切るために、

とにかくお腹に何かを入れて、

無理やり睡眠を取ったのは正解だそうです。

 

まだ、私には慢性離脱と向き合うには時期尚早で

無理に寝て断酒を優先するのが良いそうです。

 

病院の帰宅途中に、念のためにカロリーメイトを購入しておきました。

 

そして、再び猛烈な倦怠感がやってきてました。

夕方頃でしたが、事前にカロリーメイトを購入していて助かりました。

とにかく、カロリーメイトを口にして横になりました。

 

夕方から、いつもの晩飯時まで仮眠をとることに成功しました。

夜は、怖いもので不安に襲われる前にレトルトですが、

とにかく食事を済まして睡眠薬を飲みました。

 

2日続けて12時間以上の睡眠を取っていました。

おかげで、なんとか再飲酒をせずに済みました。

 

食事と睡眠は特に重要な要素であることに気が付かされました。

ときには、カロリーメイトやバナナのような栄養食。

そして、精神安定剤睡眠導入剤など、

何が何でも優先して食事と睡眠を取ることが

有効な場合もあることがわかりました。

 

おかげで、死なずに(再飲酒せずに)済んでいます。

アルコール依存症の不安定時だけでなく、

鬱などその他の障害時にも有効だと思います。

 

食べて寝るだけですが、「疎かにしてはいけない」と

一昨日から今日で気付かされました。

 

P.S.

院長先生曰く、「寝れるのは回復しているから」だそうです。

睡眠が不規則になり、自分自身で不安になりましたが安心しました。

引き続き、断酒とその経過について

ボチボチ更新していこうかと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。 

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング

断酒2ヶ月経過の懺悔~さよなら25度の安酒~

こんにちは。

断酒が2ヶ月を経過しました。

 

お酒をやめているだけなんですが、

少し困ったことがありました。

諸事情あって、本日はただでさえ低い語彙力を

さらに低めにしてお送りしたいと思います。

 

また、本日は個人的で、「しょうもない」かと思いますが、

僕自身の懺悔と贖罪の日記です。

 

Table of Contents

 

恐怖

僕の通院している病院は精神科です。

 

今朝、雨の中いつものように煙草を吸っていると、

患者さんが発狂していた。

その感想は、詳しく書くとよろしくないので、

あえて書きませんが、

「凄い事になっていた」

そして、お酒の恐ろしさを認識しました。

 

自分もスリップすると

「とんでもない事」になるんだろう。

恐怖を覚えました。

朝から心がざわめきました

 

ゴメンナサイ。

今日は「ヤバイ」とか「凄い」とか、

語彙力を低めでお送りしております。

 

懺悔

さて、酒を飲むと人が変わります。

2ヶ月断酒が経過していますが、

一滴でも飲むと、連続飲酒に突入します。

つまり「ヤバイ」事になります。

 

そして、今日一日を過ごしてきて、

あることを思い出しました。

 

未だに流しの下に、焼酎を隠し持っている。

f:id:Tsuyoahi_alcoholic:20190627175707j:plain

台所の流しの下に、安酒が残っていた。

さて、断酒を決意したのに、何故持っているんだろうか?

無意識で?

意識的に?

持っていることを思い出した。

今更、飲むつもりはないんだけど、

2ヶ月間断酒継続したんだけど、

罪悪感が溢れてきた

 

贖罪

を求めて、方法を考えた。

すっぱりきっぱりと、未練を断つために考えた。

 

シンクに流してしまえば良いだけだけど、

ケジメがつかないような気がした。

 

神社にでも奉納するか?

不浄のものとして、あえてトイレにでも流すか?

 

色々考えました。

 

エタノール

ケジメのつくようなエタノールの処分??

僕自身が納得の行く、エタノールの用途を考えてみました。

飲酒・殺菌・消毒・洗浄・・・

 

洗浄?

→お掃除

 

ということで、以下を参考にしてみました。

www.dassen-azara4.com

 

重曹と洗剤を混ぜて水回りがピカピカになる。

界面活性剤と、エタノールの溶媒としての優秀さを利用するわけですね。

帰宅して、早速試してみました。

上の記事にあるように、

水垢が綺麗さっぱりになりました。

頑固すぎる汚れについては、

何回かに分けてお掃除が必要みたいです。

 

懸念していたケジメの問題ですが、

エタノールは洗浄用として僕の中で落ち着きました

 

残ったエタノールは中性洗剤に混ぜました。

もはや、飲用ではなくなりました。

 

まとめ

やはりどこかで飲みたいという欲求は残っています。

洗浄に使ったことで、スッキリしました。

水回りだけでなく、精神面でもスッキリした気分があります。

 

掃除は気持ちがいい。

残念ながら、水回りのビフォーアフター

ビフォーがお見せ出来るものではないので紹介できませんでしたが、

おすすめです。

心のビフォーアフターは、

ここで、文章にしたことで、

なんとなくスッキリしました。

 

モヤモヤしていた台所の下に隠し持っていた焼酎でしたが、

無事、洗い流すことに成功しました。

「モノの処分・感情の整理」

で、この先役に立つことがあるんだろうか?

回復の途中で、無理してないだろうか?

 

つたない文章ですが、お酒との決別のお話でした。
お読みいただき、ありがとうございます。
 
不定期ですが、
ブログをボチボチ更新していこうかと思います。

 

ランキングに参加しています。

↓よかったらポチッとしてください↓ 


アルコール依存症ランキング